読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さけ、時々、めし

日本酒、音楽、人文科学ラヴァーズ

けっこうハードルの高いビールをわざわざ飲みに行く ベルギー編

2月に1週間休みをもらい、ドイツとベルギーに行ってきた。
せっかくだし酒の情報として発信してみようと思う。今回はベルギー。

ドイツには留学で1年過ごしたことがあり、ケルンやらベルリンやら有名なところからアインベックとかマイナーなところまで結構色々行った。
一方、あまりに真面目な生活を送っていたため、ドイツにいたくせに海外はフランスのパリとオーストリアザルツブルクしか行かなかった。ただ、ビール飲むならドイツ国内で十分じゃん、と思っていたため別に不満はなかった。実際ドイツビアナショナリズム、とでも呼ぶべき盲目状態に陥っていた自分にはそもそも他の国に酒を飲みに行こうという気持ちすら沸いてこなかった。
しかしその後、大学の卒業旅行でチェコピルゼンに行き、抱いていたドイツビアナショナリズムは瓦解し、もっと色々飲んで比較したいな、って思いを抱いた自分にとってベルギーは是非とも訪れてみたい国だった。
ただまあ、当然色々種類がある中で何を飲むか、というのは重要な問題。だから自分は「ベルギー ビール 有名」とか「Belgium beer trip」とか安直なワードをGoogle先生に聞いてみるけど、当然そんな安直な言葉で出てくるアンサーは質問と同様、低レベルであって、満足はできなかった。

そんな中、数撃った鉄砲、という感じでひとつのビールを見つける。”Westvleteren”という銘柄らしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/ウェストフレテレン

へえ、ベルギーでも日本酒の14代とか焼酎の3Mみたいになってる銘柄があるのか。ということを知った自分は、わざわざこのビールを飲みに行き、一日を費やすことを決める。(続)